ジェットスター・ジャパンが就航して大喜び

遂にジェットスターの就航!

遂にジェットスターの就航!すごく安くて使いやすいヨーロッパ旅行も安くなりそう

私は北海道に住んでいるので、これまで長いこと海外旅行に行くには成田空港まで乗り継いでいく必要がありました。
新千歳空港から成田空港へ行くには、全日空と日本航空しかない時代が長く、それぞれ1便づつという時代も長かったです。
そのせいもあってか、料金はほとんど安くなることがなく、普通に購入すれば4万円程度という高値だした。
それが、全日空で1日に2便出すようになり、その後、ようやくジェットスター・ジャパン就航することになったのです。
これは、海外旅行が唯一の趣味といっても良い私にとっては非常に明るい話題だったものです。
便数も就航当初からたくさんあり、いつ乗る機会があるのだろうかとワクワクしていました。
そしてようやくして乗る機会がやってきました。
料金は今でも忘れることがありません。
行きが6,000円で帰りが4,000円です。
なんと、往復で1万円という格安さだったのです。
もちろん、全日空や日本航空でも、海外旅行のツアーに参加すると安く行ける場合もあります。

ジェットスター・ジャパンを選んでいる理由の一つは就航路線

いつも同じ航空会社を利用していると勝手が同じで楽というのが私の印象です。
国内では大手の二つの会社しか運航していなかったころはどちらを利用していても良いという考えを持っていましたが、
最近はLCCや各地の地元の航空会社が台頭してきて選べるようになりました。
それに合わせて私も自分なりに使い勝手が良くてお得な航空会社を選んで利用するようにしています。
それがジェットスター・ジャパンであり、選んでいる理由にはいくつかありますが、その代表の一つが就航路線の便利さです。

私は千葉に住んでいて成田空港までのアクセスが良いというのが魅力です。
成田空港を利用しているLCCの中で就航路線の豊富でありながらやすいのがジェットスター・ジャパンであり、
初めて大阪に行くときに利用してからずっといつも利用する航空会社になりました。
大阪への出張でいつもは東京駅に出てから新幹線で大阪駅に向かっていたのですが、成田空港から関西国際空港までひとっ飛びで行くことができました。
新幹線の半額程度の費用で済んでしまったのがこのときの大阪行きであり、自宅から東京駅までが遠いことも考慮すると、
飛行機を待つのにかかった時間を含めても30分ほど早く大阪に着くことができました。
席も決まっていて確実に座れることや荷物も置けることを考えると何も申し分なかったのです。

この経験をしてから既に五回もジェットスター・ジャパンを利用しています。
四国に行くのは遠いといつも思っていたのですが、香川の高松空港にも愛媛の松山空港にもフライトがあるので何も問題がありません。
東京から陸路で行こうとすると大変なのが四国であり、岡山まで新幹線で行ってそこから特急で四国に入り、愛媛に行くならさらに高速バスを利用する必要があります。
これが嫌で一度も観光旅行に行ったことがなかったのですが、香川にジェットスター・ジャパンの飛行機で行き、四国を周遊してくる旅行に行くことができました。
それが楽しかったので愛媛にも季節を変えて行ってきたのです。
旅行好きの私にとって四国への就航路線があるのは魅力的なものであり、ますますジェットスター・ジャパンを利用しようという気持ちが強まったのです。

この他にも熊本や北海道にも行きました。
熊本もやはりずっと行きたかった場所だったのですが、新幹線では遠く、飛行機では高くて行く気がしなかったのです。
ジェットスター・ジャパンだからこそ安く早く行けるとわかって喜んで旅行に行ってきました。
このときは大分まで行って帰りは大分からの便で帰ってきましたが、福岡や鹿児島にも就航しているのでどこを最終地点にするかで悩んだ記憶があります。
このときは一週間の休みを取って熊本から北へ北へと旅行に行ったので、今度は逆に鹿児島の方へ向かって旅行に行きたいと考えています。

北海道に行ったのはスキーが目的だったのですが、やはり安いのが魅力的でした。
スキーだけでもお金がかかってしまうので少しでも節約したいというところで役に立ってくれたのです。
これがなかったら近くに格安バスでスキーに行っていたところでしたが、
すっかりお気に入りの航空会社になっていたので迷うことなく北海道に行こうという気持ちになることができました。
価格的にもお得で成田空港から各地に就航しているのは、近隣に住んでいる私にとってはとても有利な点です。

次の格安航空会社を拠点としている空港ごとにグループ分けしなさい
成田空港:ジェットスター・ジャパン、エアアジア・ジャパン
関西国際空港:ピーチ・アビエーション

— 社会グループ分けbot (@QMA_syagroupbot) 2018年2月15日
特に九州、四国、北海道といった他の方法ではアクセスしにくいところに就航しているのが魅力であり、まだ行っていない沖縄にもいつか行きたいと考えています。
これだけ各地に旅行に行ってもフライト代が気にかからないのは格安サービスを提供してくれているからに他なりません。